JabraのBluetoothヘッドセット「BT2045」を購入しました

JABRA BT2045

Jabraのヘッドセット「BT2045」を購入しました。

購入した目的

このヘッドセットを購入した目的としては、スマートフォンでの通話目的です。

私の場合、長電話をすることは滅多にありませんが、時々、仕事上で電話が長くなることがあり、そういったときに、スマートフォンで長時間通話をしていると、手が疲れます。

それから、PCを操作しながら通話をするといったように、他の事をしながら通話をする際に、両手が使えたら便利だと思っていました。

このような時に使用するため、このBluetooth方式のヘッドセット「Jabra BT2045」を購入しました。

使い道について

Bluetoothの機器を使用して、音楽を聴くためには、高音質な音声を転送するためのプロトコル「A2DP」に対応している必要があります。

しかし、このヘッドセットは、A2DPには対応していませんので、音楽を聴くことはできません。

そのため、使い道としては、通話目的のみとなります。

準備

Bluetoothを使用したワイヤレス方式のヘッドセットなので、まずは、内臓バッテリーを充電する必要があります。

充電は、MicroUSBのケーブルを本体の上部に接続することで始まり、充電中は、青いランプが点灯しています。

充電が終わったら、ランプが消灯しますので、説明書に従って、スマートフォンをペアリングをします。

試しに使ってみた感想

iPhoneとペアリングして、通話アプリ「Skype」で音声テストサービスを実施してみました。

Skype音声テストサービスは、自動音声の案内に従って、まず、自分の声を10秒間録音します。次に、録音した自分の声が再生されるというもので、これにより、発信と受信の音質を確認することができるというものです。

実際に、これを試してみた結果は、雑音が入ったり、音がこもって聞き取りにくいと言ったことはなく、普通に受話器を使って話しているのと、同じくらいの音質でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。