【docomo郵送下取りプログラム(その1)】ドコモから本人限定郵便物が郵便局に届いたので受け取りの申し込み

先日、ドコモオンラインショップでiPhoneを機種変更した際に申し込んだ、郵送下取りプログラムについて。

送付キットが郵便局に到着し、郵便局から、そのお知らせが届きましたので、手順に従って、配達の申し込みをしました。

今回は、その流れを時系列で説明していこうと思います。

9月24日(日)

郵便局から「本人限定郵便物到着のお知らせ」が到着

夕方、仕事から帰宅して、自宅の郵便受けを確認すると、郵便局から「本人限定郵便物到着のお知らせ」と書かれた封筒が届いていました。

開けてみると、用紙が2枚入っていて、1枚目が「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」、2枚目が説明や注意事項が書かれているもの。

1枚目の用紙を軽く見てみると、本人限定郵便物の差出人は「株式会社ドコモ CS様」となっており、おそらく、iPhoneの機種変更時に申し込んだ、旧機種の下取りに関するものだと思われます。

ちなみに、郵便局に本人限定郵便物が届いた日が、9月23日(土)となっているので、
iPhoneの配達と一緒に届けてくれても良かったのにと思いますが、ゆうパックと、郵便は別なのでしょうか。

そのあと、出かける用事があったので、とりあえず、1枚目の「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」を軽く見て、番号が書いてあったから、電車に乗ったら、スマホで申し込もうと思い、出かけました。

インターネットで申し込もうとしたら

そして、特急列車に乗ってから、用紙の内容をよく見てみると、配達日と時間帯を「電話でご連絡ください」と書いてある。

電車の車内から、電話で申し込むとなると、ほかの乗客の迷惑となり、また、住所、名前、電話番号、郵便物の番号など、個人情報を話すことになるので、帰ってから申し込むことにしました。

9月25日(月)

配達の申し込み

「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」に書かれていた電話番号へ電話をかけ、
担当者から聞かれた次の項目を伝えました。

  • お知らせに書かれているアルファベット
  • 保管期限
  • 書留番号
  • 住所
  • 氏名
  • 配達希望日時
  • 受け取り時に見せる本人確認資料

ちなみに、配達ではなく、自宅の最寄りの郵便局の窓口で受け取れないか聞いて見た所、
受け取れるとのことでしたので、配達ではなく、自宅の最寄りの郵便局で受け取ることにしました。

この話題に関連するページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。