新宿運転免許更新センターで運転免許証を更新しました

運転免許証の更新

前回、運転免許証を更新してから5年が経過し、再度、更新の時期が来ましたので、運転免許証の更新に行って来ました。

更新手続きを行う場所の選択

警視庁のサイトにて、更新手続きが出来る場所を確認(更新手続の場所 警視庁)。

その結果、自宅からは新宿神田運転免許更新センターが行きやすいので、どちらかの運転免許更新センターで更新を行うことにしました。

どちらが良いか、インターネットで検索してみると、

  • 新宿は駅から遠く混雑している
  • 神田は駅から近く空いている

こんな感じでしたので、最初は神田が良いかなと思っていました。

しかし、5年に1回の事なので、受付で時間がかかっても良いし、講習室が窮屈でも、どうせ30分の我慢だからということで、最終的に、電車に乗っている時間が長く、乗り換えがある神田ではなく、電車に乗っている時間が短く、乗り換え無しで済む新宿を選びました。

運転免許証更新の流れ

新宿運転免許更新センター

新宿の東京都庁 第二本庁舎2階にある、新宿運転免許更新センターへ行ってきました。

写真は「第一本庁舎」です・・・。

講習の開始時刻については、こちらのページで確認しました。(運転免許更新センターでの更新手続 警視庁

受付・適性検査・写真撮影等

11時10分頃に受付に並び、そこから、次のような流れでした。

  1. 受付
  2. 用紙の記入
  3. 代金の支払い
  4. 適性検査(視力検査)
  5. 書類の確認
  6. 暗証番号の設定
  7. 写真撮影

写真撮影が終わると、講習室の番号などが書かれた、細長い紙を受け取り、講習室へ移動します。

講習を受講

受付が終わり、講習室に入ったのが11時30分を過ぎた頃。

11時40分に講習が始まり、まずはテキストを見ながら講師の説明を聞き、その後、ビデオの視聴と言う流れでした。

新しい免許証の配布

講習のビデオは12時10分に終了。

講習が終わった後、席に座ったまま呼ばれるのを待ち、番号を呼ばれたら受け取りに行くという流れでした。

カードリーダーで内容の確認

新しい免許証を受け取ったら、講習室を出て、その前にある機械に新しい免許証をかざして、暗証番号を入力。

免許証には印刷されていない本籍地を機械で確認し、問題なければ、機械から免許証を取り外して終了。

そのまま出口に進み、帰るという流れでした。

新宿運転免許センターの混雑について

今回は、木曜日の11時40分の優良運転者講習(30分)を受講しました。

講習室は、そんなに広くない部屋に、イスだけが並べてありました。

そして、座席は、ほぼ満席でした。

最後に

写真撮影で緊張して、怖い顔になってしまった・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。