「R.O.ピュアウォーター」いなげやでもらえる綺麗な水

R.O. PureWater

私が良く利用しているスーパーには、ピュアウォーターの販売機があります。

有料で会員登録をして、ボトルを購入すると、その後は、無料で専用のボトルにピュアウォーターを補充することができます。

価格について

私が利用している「いなげや」の料金はこのような感じです。

初期費用

会員登録:100円+消費税

ボトル(4リットル):1本あたり500円+消費税

(2013年10月現在)

水の補充にかかる料金

1回あたり:無料

利用方法

初回

1.会員登録をする

サービスカウンターにて、100円+消費税を払い会員になる。

このようなカードが渡され、これは、ボトルに水を補充する際に、毎回機会に通す必要があります。

無くしてしまうと、再発行には料金(100円+消費税)が必要です。

2.ボトルを購入する

サービスカウンターで、専用のボトルを購入します。

ボトルは1本あたり500円+消費税。

1度に2回以上補充したいなど、複数本のボトルが必要な場合、2本で1000円、4本なら2000円と高額になってしまいます。

水の補充のしかた

水の補充は機会で行いますので、店舗の営業時間内であれば、いつでもできます。

  1. 会員カードを機会の読み取り口に通す
  2. ボトルを入れる部分の扉のロックが解除されるので、扉を開け、フタを外したボトルを中に入れ、扉を閉める
  3. 補充する量のボタンを押す
  4. 水の補充が始まるので、終わるのを待つ
  5. 補充が終わると、扉のロックが解除されるので、ボトルを取り出しフタを閉める
  6. 機会の扉が閉まっていることを確認

文字で書くと長くなりますが、実際にやってみると簡単です。

注意点

衛生面に気をつける必要がある

ピュアウォーターの販売機から供給される水は綺麗であっても、それを入れるためのボトルが汚れていたら意味がありませんので、ボトルが汚れないように気をつける必要があります。

そのため、ボトルの説明に書かれている通り

  • 常温で保管した場合2日以内、冷蔵庫で保管した場合7日以内に使い切る必要がある
  • ボトルはこまめに水道水で洗う

このように、ボトルを綺麗にしておく必要があります。

スーパーで利用できるピュアウォーターのメリット

浄水器代の節約になる

自宅の水道に浄水器を設置した場合、浄水器本体の価格が数千円〜数万円と高額で、定期的に交換しなければならないフィルターも、数千円程度かかりますが、それを削減することができます。

ゴミが出ない

ペットボトルのミネラルウォーターを購入した場合、使い終わったペットボトルはゴミとなってしまいます。

ピュアウォーターであれば、一つのボトルを何度も使用しますので、衛生面に気をつける必要はあるものの、ペットボトルと比べて、ゴミの量は圧倒的に削減することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。