【Windows10】開いていないのに削除できないフォルダーを削除した方法

開いていないにも関わらず削除できないフォルダー

Windowsを使用していて、時々遭遇するのが、開いていないにも関わらず、開いている事になってしまい、削除できないフォルダーの存在です。

フォルダーのウインドウは間違いなく閉じているし、そのフォルダーに入っているファイルを開いているソフトもない。

それどころか、フォルダーの中にファイルが一つも入っておらず、そのフォルダーを開いていない。

つまり、絶対に開いていないのに、「別のプログラムが子のフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません。」のメッセージが表示され、削除できない事があります。

削除する方法

削除できないフォルダーを使用しているアプリケーションを探す

1.タスクマネージャーを開く

タスクバーを右クリックし、「タスクマネージャー」を選択するか、「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーを押下し、「タスクマネージャー」を選択します。

2.リソースモニターを開く

タスクマネージャーのタブから「パフォーマンス」(画像の①)を開きます。

次に、画面の下部にある「リソース モニターを開く」(画像の②)をクリックします。

3.CPUタブの関連付けられたハンドルを探す

リソース モニターが開いたら、「CPU」タブを開きます。

次に、スクロールバーを下げ、「関連付けられたハンドル」を表示させます。

4.関連付けられたハンドルで削除できないフォルダーを検索

関連付けられたハンドルの右上にある検索ボックスに、削除できないフォルダーのフォルダー名を入力します。

検索結果が表示されるまで、少し時間がかかります。

アプリケーションを強制終了

削除できないフォルダーを使用しているアプリケーションが見つかった場合、「イメージ」にアプリケーションのファイル名、「ハンドル名」にフォルダーのフルパスが表示されます。

削除できないフォルダーの行を右クリックして、「プロセスの終了」をクリックします。

「(アプリケーションのファイル名)を終了しますか?」のポップアップが表示されたら、「プロセスの終了」をクリックします。

フォルダーを削除

再び、フォルダーの削除をします。

今回の場合は、無事に削除できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。