特急列車の車内にて

特急列車の車内にて

普段は東京に住んでいますが、月に数回〜数ヶ月に1回くらいの割合で、茨城県にある実家に帰省しています。

その際、常磐線の特急列車(ひたち・ときわ)に2時間近く乗車します。

今回は、その特急列車の車内での過ごし方を紹介します。

 

ノートPCで作業

2018 0914 01

帰省する際に持ち歩いているノートPC。現在は、MacBook Airを使用しています。

モバイルルーターか、テザリングに対応したスマートフォンを一緒に持ち歩いているので、インターネットにも接続できます。

ちなみに、電車でもWi-Fiのサービスがありますが、有料なのと、速度が非常に遅いので使用していません。

PCで行なっていることは、ブログの編集、ウェブサイトの閲覧、メールのチェックといった感じです。

 

食べ物・飲み物

2018 0914 02

車内販売

常磐線の特急列車は、停車駅が少ない「ひたち」と、停車駅が多い「ときわ」の2種類があります。

そのうち「ときわ」では、車内販売がありませんので、「ときわ」に乗車する際は、乗車前に買い物を済ませておく必要があります。

 

飲み物は乗車前に用意しています

ちなみに、私の場合は、車内販売は滅多に利用せず、あらかじめ、コンビニや駅の売店などで飲み物を購入してから乗車します。

車内で飲む飲み物は、紅茶かコーヒーが多いです。

 

食べ物について

車内でノートPCを使用しますので、食べかすがPCにかかったり、おにぎりやサンドイッチなど、直接手で触れる食べ物を食べた後の、ベタベタした手でPCに触れたくないため、食べ物については、基本的に、出かける前に食事を済ませます。

そのため、よっぽどお腹が空いていない限り、車内で食べることはありません。

 

乗車する車両について

2018 0914 03

乗車する車両は、グリーン車が7割、普通車が3割くらいです。

グリーン車の方が、座席間の幅が広いので、荷物が多い時に便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。