【Apple Watch】文字盤にコンプリケーションを設定しました

Watch OS 5にアップデート後

Apple Watchの文字盤「ソーラー」

現在、Apple Watchの文字盤は、ソーラーという太陽の高さが表示される文字盤を使用しています。

近くに、窓が無い場所にいることが多いので、時刻を確認するのと同時に、外の明るさがわかるため、非常に助かっています。

Watch OS 5にアップデート後

この文字盤は、Watch OS 5にアップデートする前は、日付と曜日も表示されていたのですが、アップデート後は、時刻しか表示されなくなってしまいました。

日付を確認できないのは不便なので、追加することにしました。

文字盤に日付を追加

iPhoneのホーム画面にある「Watch」をタップして起動。

「マイウォッチ」→「ソーラー」と進み、設定を変更したい文字盤をタップします。

今回は、「ソーラー」の設定を変更したいので、「ソーラー」をタップしました。

文字盤の上下にコンプリケーションを追加

まず、コンプリケーションの「上」に「日付」を設定。

次にコンプリケーションの「下」に「カレンダー」を設定しました。

設定完了後

Apple Watchの文字盤を見てみると、画面の上部には日付と曜日が表示され、画面の下には、予定が表示されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。