AQUOS Sense(SH-01K)にカバーとフィルムを取り付けました

カバーとフィルムを取り付け

AQUOS sense(SH-01K)を購入 本日、ドコモショップの店頭で、SHARPのスマートフォン「AQUOS Sense(S...

先日、ドコモショップにて購入したSHARPのスマートフォン「AQUOS Sense (SH-01K)」のために注文したカバーと液晶保護フィルムが届きましたので取り付けました。

カバー「ELECOM ZEROSHOCK スタンダード」

今回、購入したカバーは、エレコムのAQUOS sense ケース「ZEROSHOCK スタンダード(PM-SH01KZEROBK)」です。

カバンの中に入れて持ち歩くことが多いので、満員電車の衝撃などを緩和できれば良いと思い、衝撃に強いタイプのカバーを選びました。

ちなみに、AQUOS Senseの本体は、ドコモのケータイ補償サービス(330)に加入しましたので、万が一破損してしまっても、5,000円でリフレッシュ品と交換してもらうことができます。

エレコム ZEROSHOCK スタンダード

https://amzn.to/2NmnBaU

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムは、エレコム AQUOS sense フィルム(PM-SH01KFLF)を購入しました。

明るいところでも見やすいように、反射防止(光沢が無いタイプ)を購入しました。

エレコム AQUOS sense フィルム

https://amzn.to/2RuToJP

カバーとフィルムの貼り付け

カバー・フィルムを取り付ける前の状態

作業前の状態。

先日、購入した後、端末の初期設定だけ済ませただけで、あとは、そのままの状態です。

そのため、最初から貼ってある保護フィルムやバーコードが、まだ貼ってある状態です。

MicroSDカードの挿入

カバーをつけてしまうと、MicroSDカードの出し入れができなくなってしまいますので、最初に32GBのMicroSDカードを挿入しました。

このMicroSDカードは、以前、XPERIA Z3で使用していたものを流用しています。

液晶保護フィルムの貼り付け

液晶保護フィルムを貼り付ける準備に使うため、懐中電灯を用意します。

パッと見た感じはきれいでも、

ライトで光を当ててみると、意外にホコリがついているものです。

今回、購入した液晶保護フィルムには、このようなホコリを取り除くための粘着シートが付属されていましたので、画面にライトを当てながら、粘着シートで細かいホコリをきれいに取り除きました。

ホコリを取り除くためのシートがない場合は、付箋やセロテープ、古い液晶保護シートなどで取り除くことができます。

ホコリを取り除いた後、フィルムを貼り付けました。

あらかじめ、ホコリを綺麗に取り除いていたため、気泡は入りませんでした。

カバーの取り付け

カバーを取り付けた後の状態。

裏側はこのような感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。