使わなくなったPASMOを返却しました

使わなくなったPASMO

カードの券面が劣化

ひとつ前に使っていたPASMO。

定期券の情報が印刷される面がボロボロになってしまいました。

全体的に色が薄いだけでなく、印刷面が剥がれ落ちてしまい、印字が欠けている部分も目立ちます。

 

再発行を行う場合

最寄駅の窓口で聞いてみた結果、PASMOを再発行する場合、駅にPASMOを預けた翌日に新しいPASMOが発行されるとのこと。

つまり、PASMOが使えない期間ができてしまうので、再発行はせずに、ボロボロのまま使ってきました。

 

新しいIC乗車券を入手

 

新しいIC乗車券は、iPhone ⅩにインストールしたモバイルSUICAを利用することにしました。

 

 

不要になったPASMOを捨ててしまうのはもったいない

PASMOのカードを受け取る際に、デポジット(500円)を預けています。

そのデポジットは、PASMOを返却した際に戻ってきますので、PASMOを使わなくなったからと言って、ゴミとして捨ててしまうと、本来戻ってくるはずのデポジット(500円)と、チャージされている残高がなくなってしまいます。

そのため、PASMOは使わなくなった場合、PASMOに対応している駅の窓口へ行き、返却の手続きを行った方が良いです。

 

返却のための準備

PASMOの残高を使用

PASMOの残高が数千円残っていたので、それを全て使用することにしました。

実際には、1円だけ残ってしまいましたが。

 

残高を全て使い切る必要はない

かなり前に、SUICAを返却した際、残高から払い戻し手数料210円(210円以下の場合は残高と同額)が引かれました。

その記憶があったので、今回、無理して残高を使ったのですが、払い戻し手数料はなかったので、結局無駄になりました。

 

PASMOを返却

最寄り駅へ行き、窓口で返却の手続きを行いました。

 

PASMOの返却に必要なもの

  • 返却するPASMO
  • 本人確認のための書類(運転免許証など)

 

返却の手順

  • 駅の窓口へ行き、駅員にPASMOを返却したいことを伝えます
  • 返却の申し込み用紙を渡されるので必要事項(氏名・生年月日・電話番号)を記入します
  • 本人確認のための書類・返却の申し込み用紙・返却するPASMOを駅員に渡します
  • PASMOのデポジット(500円)と、PASMOの残高、払い戻し証明書を受け取ります

以上で、終了です。

待ち時間がなければ、数分で終わります。

 

払い戻しの金額について

払い戻しの金額は、PASMOを受け取る際に支払ったデポジット500円と、PASMOの残高1円。

合わせて501円でした。

 

最後に

PASMOの払戻金は、昼食になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。